感染症対策について

2021年8月21日(土曜日)更新

新型コロナウイルス等の感染予防のため、RIBBON Dance Schoolでは以下の対策を取り組んでいます。
①入室時の検温と体調不良者の入場拒否
→各レッスン場に入出する際、入室される方全員の検温を実施しています。37.5度(もしくは平熱時より+0.5度)以上の方の入室はお断りします。また、前日までに発熱や咳等の症状があった方の入室をお断りさせていただきます。
②手洗い、消毒の徹底

→各レッスン場に入出する際、入出される方の手洗いとアルコール消毒を徹底しています。

 

③入室中のマスク着用の徹底
→各レッスン場にご入室中は、入出時を含め退出されるまで、全ての方にマスク着用を必須条件としています。マスクを着用(または携帯)していない方はレッスン場に入室できません。また、マスク非装着者にはスタッフから着用するようお声掛けをしています。また。着用されるマスクは可能な限り「不織布」マスクの着用をお願いします。

 

<3密(密閉・密集・密接)対策>

感染症対策で重要とされる密閉空間、密集場所、密接場面を避けるため、以下の取り組みを実施しています。

④常時換気の徹底(密閉対策)

→閉鎖的な環境を避けるため、スタジオ内東側・南側の窓を常時解放し、常時換気でレッスンを行います。また、スタジオ以外の各レッスン場でも同様の対策を行いっています。

 

⑤保護者のレッスン場への入場、観覧の規制(密集対策)
保護者のレッスン場への入場、および観覧を規制します。
※ただし、未就学児の保護者、新規入校後2ヶ月未満の保護者、その他許可を得て観覧する保護者は、「マスク着用、入室時の衛生管理の徹底」を必須条件とし保護者1名まで観覧(その他の兄弟姉妹、ご家族はいかなる場合においても観覧不可)できるよう配慮いたします。

 

⑥インストラクターのマスク着用と接近した指導の中止(密接対策)
多数の受講生と接するインストラクターが感染源とならないよう、常時マスク着用でレッスンをさせて頂きます。また、至近距離での直接的な指導は中止し、同等の指導方法で実施します。
<その他の対策>
⑦県外(主に、感染流行地域)への移動や、県外(主に、感染流行地域)からの来訪者との接触者の入室規制
→過去2週間の内、感染流行地域への移動や、感染流行地域から来られた方との接触があった場合、スタジオおよび各レッスン場への入室はご遠慮ください。
(長崎医療圏の感染ステージが4以上の場合のみ。)
移動歴や接触の有無は「自己申告」となりますが、学校行事等で移動歴が判明した場合は弊社から入場をお断りする場合があります。
⑧クラスター発生施設利用者の入室規制
→クラスター(認定)が発生した施設等の利用があり、保健所等から自宅待機の指導があった場合、待機期間中のスタジオおよび各レッスン場への入室はご遠慮ください。
(長崎医療圏の感染ステージに関係なく)
クラスター発生の施設等の利用は「自己申告」となりますが、学校行事等で利用が判明した場合は弊社から入場をお断りする場合があります。

上記対策については、各行政機関や保健所等の情報を適時確認し、弊社が取り組める対策を随時更新していきます。

皆様のご理解と、ご協力の程、何卒宜しくお願いします。


※RDS STUDIO(長崎市幸町)では通常業務においてインフルエンザ等感染症の懸念される時期(毎年11月〜翌年3月末まで)は室内清掃等において接触頻度の高いドアノブや手すり、トイレの便座やその周辺においてアルコール消毒を実施しており、現在では季節を問わず実施しています。